“一九九〇年代以降、中国の支配階級はプロパガンダ機構を通じてイデオロギー的な幻想を熱心に触れ回ってきたーーーいわく、発展(GDPの増加)はすべての問題を解決するのに十分となった。しかしこのプロパガンダは失敗し、はるかに多くの問題が生まれた。全人民にこのイデオロギー的暗示をかける過程で、物質的な豊かさに至上の価値を置く「成功」の定義が、若い世代の人生と未来の可能性を思い描く力を削いで来たのだ。”

 

 

陳楸帆
「折りたたみ北京」収録
エッセイ 「引き裂かれた世代:移行期の文化における中国SF」より

Back to Top
error: Content is protected !!