”茶の湯は、一盌の茶を自ら喫するため、相手に差し上げるためには、道具をそろえ、それを扱う手段や手だて、主客の在り方を示すための趣が必要である。「一期一会」、本来この意味するところは奥深い哲学であり思想なのである。最近は、おいしい物に出会ったチャンスなどに軽やかに使われている。間違いとまでは言わないが、その本意からすれば、むやみに使うべきではなかろう。

かつて、人と人は出会った瞬間お互いの琴線に触れ、相手を感じとることが肝心であり、今後も付き合えるどうかを斟酌することが大切であったのに、この頃は表面的なものにのみこだわっている。”

 

裏千家前家元・千 玄室
新聞コラム「一服どうぞ」より

Back to Top
error: Content is protected !!